ズキンと走る痛みに悩まされる日々|頭痛を改善し生活向上

ドクターたち
このエントリーをはてなブックマークに追加

頭の痛みを改善する方法

悩むレディ

適切な薬を処方してもらう

頭痛は、様々な原因で起きることがわかっているので症状の出方も人それぞれで痛みに悩まされる人は多いです。もともと体質的に頭痛が起きやすいという人も居れば環境やストレスなどが原因で起きる人も居ます。頭痛は、よくある不調の一つとして多くの医療機関で治療が可能であり脳神経外科や頭痛外来など頭痛を対象とした医療機関以外でも、心療内科や精神科などでも治療が可能です。頭痛は、人によっても症状の程度が様々で軽い痛みが短時間で消える場合もあれば強い痛みが一日中続くような場合もあります。場合によっては仕事や勉強に集中できないほど強い痛みが起きたり症状が長引くことがあります。市販でも頭痛薬は買えるので、病院には通わずに市販の薬だけで済ませることも可能ですが頭痛の原因や症状は人それぞれなので病院に通って自分に適した治療を行うのが一番良いです。病院では、体質や症状に合わせながら最も適した薬を処方してもらうことも出来るので市販薬よりも効果が高く副作用が少ない薬で症状を和らげることが出来ます。医師の診断の下適切に薬を服用するので、症状をコントロールしやすく日常生活で起きるトラブルも軽減することが出来ます。また、病院では薬の処方だけでなく生活習慣の指導を受けることもできるのでより頭痛を改善しやすい環境であると言えます。酷い頭痛が続く場合は、脳に異常がある場合もあるので最初に脳神経外科などで脳に異常がないことを確認してから本格的な治療を始めるようにすると良いです。

食べ物も見直すこと

頭痛の治療は、病院では主に薬物治療が基本となって体質に合うように調節しながら薬の種類や量を調節しますがちょっとした日常生活の工夫をすることで症状が劇的に良くなるケースもあります。頭痛は、食べ物との関係も強くあり頭痛を引き起こしやすい食べ物もあれば抑制する働きのある食べ物もあります。頭痛を引き起こしやすい食べ物としては、脂質の多い物、甘い物、酸味の強い物などがあります。頭が痛くなるメカニズムには、血管の拡張があります。血管が必要以上に拡張してその部分の血流が多くなることで痛みを感じるようになっているので血管を拡張するような食べ物は痛みをさらに強めるので好ましくないとされています。脂質が多い物や甘い物、酸味が強い物の多くは血管を拡張する作用がある成分が含まれているものが多いので痛みにつながりやすいと考えられています。全く摂取してはいけないということではなく、沢山食べ過ぎないように気をつけること、頻繁に摂取しないように心掛けることが大事です。一方、痛みを抑制するにはビタミンB2やマグネシウムを多く含むものを取ると良いと言われています。食べ物は、体を作る土台となるものであり健康維持に欠かせないものでもあるため、毎日の食生活に気をつけることで痛みの軽減につながることがあります。頭痛は、原因が一つでは無くいくつか合わさって起きることもあるので食事の改善も治療に役立てながら薬物療法や生活習慣の改善なども同時に行っていくことで完治させることも可能です。