ズキンと走る痛みに悩まされる日々|頭痛を改善し生活向上

ドクターたち
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な病名が考えられる

ドクター

頻度や状態をチェックする

頭痛は誰でも起こり得るものです。慢性的に痛くなる人もいます。睡眠不足や疲労が溜まっている時などは、当然、頭痛のみならず、様々な症状が出ることもあります。まず、単純にいつもの頭痛なのか、それとも重篤な病気が隠されているのか、自分なりにチェックしてみることが大切です。明らかに、いつもとは違った痛みの場合は、早急に病院を訪れるべきです。重篤な病気の一つに、くも膜下出血などの脳に関する病気が挙げられるからです。くも膜下出血の場合は一分一秒を争うと言われています。処置が遅れてしまうと後遺症が残ったり、命の危険にまで及んでしまったりすることもあるからです。特徴としては、これまでにないような激しい頭痛が症状の一つだと言われています。特に、後頭部に相当な痛みを感じた場合には、救急車を呼んだ方が無難です。ここまで激しくはないものの、定期的に頭痛に見舞われるという人は、まず、頻度や状態をチェックしてみることをお勧めします。それによって、どんなタイミングで痛みが起こるのか、見えてくる場合があります。例えば、低気圧が近づくと痛くなるという人がいます。これは低気圧によって血管の収縮が起こりやすくなるからです。血流に問題があると言えます。もちろん、低気圧が過ぎ去ってしまえば通常に戻ります。それほど深刻に捉える必要はありません。厄介な頭痛としては、精神的なものです。これは素人判断もつきにくく、病院の選択も難しいものがあります。精神的な面で起こる頭痛は、他の病気と間違えられやすく、原因を突き止めるまで時間がかかることもあります。

対処法を考える

病院で様々な検査を受けても、何の異常も見られない頭痛があります。この場合、精神的な面から来ているものだと疑われることがあります。ストレスを溜め込んでしまうと、頭痛が起きやすくなってしまうものだからです。ストレスなどの精神的な面が関係している場合は、ストレスを改善することが一番です。自身でストレス発散ができないのなら、病院で治療を受けることが大切です。この場合、心療内科や精神科といった専門科の受診が良いでしょう。精神面から来ている頭痛の場合、まずは痛み止めを処方します。あとはカウンセリングをじっくり行っていきます。カウンセリングによってストレス発散ができることもあるからです。また、人に話を聞いてもらうだけでも、心が晴れる人は多いものです。悩みがなくれば、必然的に頭痛も改善されていきます。特に多いと言われているのは、月曜日病です。月曜日が近づくと体のあちこちに不調を訴える人がいます。これは明らかに精神的な問題です。つまり、仕事や学校に行きたくないという意識から、体調不良に繋がってしまうというわけです。代表的な症状の一つに頭痛が挙げられます。子どもが学校へ行きたくないことで頭痛や腹痛を訴えることがあります。仮病ではなく、これは本当に痛くなっているので、当然、休む必要が出てきます。親御さんとしては、病院に連れて行くことが正しい処置方法です。精神的な面なので、場合によっては心療内科や精神科を受診してみるのもいいかもしれません。定期的にこのような状態になるのなら、しばらく学校をお休みさせるのも一つの対処法と言えます。