ズキンと走る痛みに悩まされる日々|頭痛を改善し生活向上

心晴れ晴れ、頭痛にバイバイ
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な病名が考えられる

ドクター

頭痛は様々な原因が考えられます。精神的な面から来ている場合、心療内科や精神科を受診すべきです。適切な病院を探すことをお勧めします。子どもの場合、学校へ行きたくないことでこのような症状が出ることもあります。

痛みの元を断とう

カウンセリング

イヤな痛みの原因とは

ズキズキとした痛みに仕事や学業にも身が入らない、頭痛は誰しも悩みの種です。このような時にまず考えるのが、病院の何科を受診したら良いのだろう、ということでしょう。一般的には頭痛外来などが選択されるところですが、多くの人が経験する偏頭痛などは、実は心療内科や精神科などがある病院がおすすめなのです。偏頭痛の原因には様々なものがありますが、中でも大きなウェイトを占めているのが、精神的な要因と言われています。仕事や人間関係など、自分の周りの状況から生じる不安やストレス、緊張感などが偏頭痛の引き金となっています。ですから、頭痛薬を処方してもらうことも必要ですが、その精神的な問題を改善して行かなければ、頭痛の方も改善しにくい、ということもあるのです。そもそも偏頭痛とは、脳の血管が拡張することにより、痛みが生じるものです。精神的ストレスを受けると、脳の神経における電気活動が低下します。そして、神経に炎症が生じるのです。その炎症が能の血管にも作用して、血管を拡張させ、結果痛みを引き起こすと考えられています。ですから、脳の血管を収縮させることも大切ですが、引き金となる精神的ストレスを抑えることも、同じように重要なことなのです。頭が痛い、病院へ行って薬をもらおう、これは全く正しい判断です。しかし、その痛みの原因を考えて、痛みの元をとりたいと考えるならば、精神的な要因にも目を向けることが結局は近道と言えるでしょう。病は気から、偏頭痛も精神面からのアプローチを忘れないようにしましょう。

治療の方法

病院へ行って偏頭痛を治療しよう、となるとすぐに薬剤の方に目が向きがちですが、実はそれ以外にも治療法はいろいろとあります。有効な治療の方法について見てみましょう。偏頭痛の大きな原因の一つにストレスがあることはすでにお話ししましたが、やはりいかにストレスを軽減して行くか、ということが大切な治療の一つとなってきます。まずは、仕事や家庭などで気にかかっていることがあったら、医師にその旨を話しましょう。話すだけでストレスが和らぐことも多いのです。また、ストレスと言うと精神面に焦点が当てられますが、例えば暑さや寒さなどの環境も、人間にとってはストレスの一つです。特に、眠りが浅い、眠れないなどの睡眠障害がある場合には、そちらの治療もする必要があります。規則正しい生活をして、栄養バランスのとれた食事をきちんと食べる、ありきたりですが、これも偏頭痛の立派な治療の一つなのです。そして、心療内科や精神科ならではの、偏頭痛の治療法があります。偏頭痛はその人の考え方や性格にもその原因の一端があるのです。「また痛むのでは」とか「どうせ、この痛みは治らないんだ」と言った患者さんの考えが、痛みを増幅したり、治りにくくしてしまいます。精神科や心療内科では、この患者さんの考え方やモノの見方にアプローチしてそれを変えることで、痛みを軽減して行くのです。頭が痛い、病院はどこへ行ったらいいのだろう、そんな時にはその痛みの種類を確認して、それが偏頭痛であったなら、心療内科もしくは精神科への受診を考えてみませんか。ズキンと走る痛みに悩まされる日々から解放されましょう。

不快な痛みを抑えたい

医者

頭痛の中でも片頭痛は非常に多くの人がかかっている症状です。市販薬の解熱鎮痛剤を飲むことによって症状が緩和されます。また片頭痛に特化した薬も病院では処方出来るので、自分に合った薬を選ぶといいでしょう。改善には生活習慣を変えることも重要です。健康的な生活と薬をうまく活用してツラい症状を治療しましょう。

頭の痛みを改善する方法

悩むレディ

頭痛は、病院で自分に合った適切な薬を処方してもらうことで治療するのが一番良いと言えます。食べ物との関係もあるので、頭痛を誘発するような食べ物は避けるようにして反対に痛みを抑制させるような食べ物を取ることも大事です。